サイトマップ


サイトマップ

TOP サイトマップ | TB(-) | CM(-)

広域MAP  千葉県南部

房州低名山 地図 ハイキング 南房総 map
※バス路線は一部です。高速バスも抜けてます。詳細は以下のサイトで確認して下さい。
※2018年3月現在、上総湊駅のタクシーは不定期、予約不可とのこと。詳細については「かずさ交通株式会社」さんにお問い合わせ下さい。

【参考サイト・資料】
●ヤマレコ>バスルート:登山者向けバス検索サイトバスルート - 全国バス停・路線マップ

TOP 広域MAP | TB(-) | CM(-)

四方木 キリシマツツジの山




※民家付近が地図と違います。


往路20分、復路20分、休憩込みで70分で歩きました。写真撮りながらだから一般タイムより遅いです。

【コース状況】
・民家まで軽トラで行けます。但し、一般車両は入れません。
・川(橋)まで急な下り。川(橋)から急な上り。観光客には厳しいコース。
・ツツジBを見て引き返す観光客が多かったです。
・蜂が多くて気をつかいました。

【駐車場】
・「西原隧道(ずいどう)」から入ったところに臨時駐車スペース(5台位)があります。
・四方木ふれあい館の駐車場(無料)が広くてオススメ。外に水道とトイレもあります。

【参考サイト・資料】
鴨川ビタミンウォークもみじの里コース

●房日新聞>四方木の松本さん 丹精のキリシマツツジ見ごろ 鴨川
※この記事だけを見て歩いているので、全ての見どころを見れたかは不明です。

●房総丘陵>清澄山(解説)
●房総丘陵>第34図 清澄山(地図)


四方木ふれあい館
こちらが推奨駐車場(無料)




ツツジB付近






民家(空家)
庭と裏山は開放されています。ここはロケにオススメですよ!

■建物の裏にキリシマツツジが植えられてます。一見、築山みたい。 ■よく手入れされてます






■裏山から庭を見たところ ■丸太ベンチなども用意されてます





裏山





千葉県 清澄寺 | TB(-) | CM(-)

音落ヶ嶽 新コース(2018年3月)



音落ヶ嶽 千葉県 小松寺 地図
・南北は「房総のやまあるき(新ハイキング社)」で紹介されているコース。グリーンラインができて半分位が車道?
・東西は「第24回南房総フラワーマーチ~内房田園コース(20km)」。車道。
・音落ヶ嶽は四角のエリア。
(参考)館山城 作名ダム おんだら山

音落ヶ嶽 千葉県 小松寺 地図
※新しく整備された「浅間神社コース」は「③~天皇様」の区間
※「天皇様」の所に入口案内板がありません。

【コース状況】
・このエリアは「ゆったりコース」なので足慣らしにオススメです
※小松寺付近は水が豊富なのでヘビに注意です。3月にヤマカガシが活動してました!

【コースタイム(ふうりん)】
●小松寺→13分→入口(天皇様)→40分→3番
●3番→11分→古道標→10分→浅間さま→12分→音落ヶ嶽(乙王の塚)→14分→林道口出合→7分→階段→3分→グリーンライン
●グリーンライン→55分→3番→17分→小松寺
※だいたいですが休憩込みで往路2時間、復路1時間10分で歩きました。

【アクセス】
小松寺HP
小松寺Instagram
※小松寺に無料駐車場があります。

【参考サイト・資料】
大貫古道の会 > 大貫古道の会 ニュース一覧 > 新コース「浅間神社コース」  地図(pdf)

●南房総いいとこどり>大貫の古道ガイドツアー地図(pdf)

●房総丘陵>⑨音落ヶ嶽(解説)
●房総丘陵>第106図 音落ヶ嶽(地図)
●房総丘陵>第104図 稲村城跡(地図)

[書籍] 新ハイキング選書『房総のやまあるき』
・外房の山>九重から音落ヶ嶽・白浜へ
※難コースとして紹介されてますが、この区間は整備が進み歩き易くなっています。
※「ヤブ」表記がありますが、今はありません。

●房日新聞>[房総分水嶺] 久留里から布良まで 房総分水嶺 半島の背骨を歩く
●房日新聞>[房州寂名瀑] シリーズ・ふるさとの滝めぐり 房州寂名瀑

●たてやまフィールドミュージアム>小松寺


小松寺からスタート



小松寺が凄いことに( ̄▽ ̄;)!!ビックリ ネコグッズもあるとかΣ川 ̄▽ ̄;川アィーン




■手掘りの農業用水トンネル ■眼洗い井戸跡



新コース「浅間神社コース」入口
千葉県道188号 + 安房グリーンライン交差点






案内板がないので知らないとアウト!

■石仏群 ■馬頭観音


■青面金剛? ■モアイ



浅間神社コース

■民家のフェンス沿いを行く ■切り開いた痕跡




■根までは取りきれない ■作業用のマーキング?それとも注意喚起?


■竹を切って古道を復元 ■もの凄い量の竹・竹・竹!







大貫浅間山

■下に龕。上に石灯籠。 ■石灯籠


■石灯籠の上には鳥居 ■石段


■冨士大神の石祠 ■今でも人が来ているようですね



音落ヶ嶽(乙王の塚)

■後ろに二人用のベンチがあります ■フジツボとカキでしょうか?


■海が見えますね ■館山城



階段⇔グリーンライン入口

音落ヶ嶽 千葉県 小松寺 地図
※グリーンランド入口は新旧二ヶ所あると思います。情報収集する時は注意してください。

■右の階段を降りずに直進するとグリーンライン


■小松隧道 ■階段を降りると小松隧道の前に出ます


■整備されてるけど怖い ■眺めはいいですよ


■ここがグリーンラインの新旧入口の分岐ではないかと ■グリーンライン入口の階段。新しいです。


■階段を登るとグリーンライン ■動物飛出注意の所に出てきます


沖の島 (陸から歩いて行ける)無人島 無料で遊べる




沖ノ島海水浴場 無人島 沖の島海水浴場 館山市 看板 地図 マップ
沖ノ島~2.2キロ~セブンイレブン~2.2キロ~館山駅

沖ノ島海水浴場 砂州  沖ノ島海水浴場案内図

立入禁止解除のお知らせ!!  (館山市 2018年3月30日)

 台風第21号による被害を受けたため、立入禁止となっていた市道246号線のうち沖ノ島に通じる高の島公園から先は、3月30日16時をもって立入禁止解除となりました。  長期間にわたり、ご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした。 なお、沖ノ島公園内も立入禁止解除となっております。



・島と陸が砂浜で繋がってる陸繋島(りくけいとう)。陸から歩いて行けます。
・一周1キロ。遊歩道を歩けば東西5分くらい(砂州は含まない)。遊ぶには手ごろなサイズ。
・他の海水浴場が強風波浪で遊泳禁止でも、ここは湾内なので泳げることが多い。
「駐車場(500台)」も「無人島」も無料 ←試験的に夏のみ協賛金をお願いしているそうです(任意)

【参考サイト・資料】
●たてやまフィールドミュージアム>館山の寺社と名所>鷹の島
館山市ウォーキングマップ
●新ハイキング選書『房総のやまあるき
『新ハイキング(2014年10月708号)~香浅間山―赤山地下壕(内田 栄一)』
●公益社団法人 千葉県観光物産協会  > 千葉県のロケ地巡り「ふしぎな岬の物語」
●さかなクン~「館山おさかな大使

【アクセス】
館山レンタサイクル
※最寄のバス停から片道2kmあるので、館山駅で電動自転車を借りて行く人も多いみたいですよ。
●館山市>沖ノ島海水浴場のご案内
●JR館山駅~<日東バス>~館山航空隊バス停(終点)~2キロ~沖ノ島海水浴場
●赤山地下壕付近に、JRバス、日東バス、高速バス(東京⇔館山)の宮城バス停があります。本数が少ないので事前要確認。



■歩いて渡れるのはいいネ!
沖ノ島海水浴場 無人島 ロケ地 館山市 千葉県

■「世界の中心で、愛をさけぶ(綾瀬はるか)」のロケ地!
沖ノ島 夕日 館山 千葉県

■ビーチコーミング。こちらはシーグラス。簡単に見つかる色と、珍しい色があるようです。 ■サイに見えませんか?


■台風の傷跡。立入解除されましたが一部未回収の物が残ってます。 ■「漂着したロープを塩抜きしてハイキングコースで再利用する」という記事を読んだ事があります。


■洞窟~地層・断層・地震、子供が興味を持てば親の勝ち? ■短いので懐中電灯がなくても大丈夫


■洞窟入口 ■洞窟


■岩場に取り残された魚やカニを捕まえたり ■釣りをしたり


■トイレ。お金かかってそうだけど...ここは改善の余地有り。



海だけあって名前が特徴的ですネ!

■アンテナが立ってるのがウラシマソウ。アンテナが無いのがマムシグサ。 ■アガベの花。テキーラの原材料になる植物。重量級の花で数キロあります。




■黒船 _(・・?..)?アレ ■帆船と重なったところでした (;^_^A アセアセ


■沖ノ島には海中観光船もやってきます。何たってサンゴの最北端ですから。 ■近くでカヤックの練習をしてました


■高知の明神丸。カツオの漁獲高日本一だそうです。


江見里山 お花見ハイキング







2018年4月14(土) 江見里山 お花見ハイキング

交通量の少ない一車線の車道歩きコースだと思います。距離は短いですが、いかがでしょう!?

ちなみに私だったらスニーカーに杖、タウン用のリュックで参加でしょうか。ハイキングシューズは必要ないかな?

【参考サイト・資料】
江見元気!
江見を元気にする会 ←地図があります!

千葉県 花嫁街道周辺 | TB(-) | CM(-)

千葉県の山 (2018年3月16日発売)

単行本と電子書籍、どちらが売れるんでしょう?ちょっと気になりますネ!

●分県登山ガイド
2018年 無料サンプル ←20年ぶりにパワーアップして完全リニューアル!”
2015年 ←改訂新版
2010年 ←改訂版
2004年
1994年



千葉県 書籍 | TB(-) | CM(-)