津辺野山



津辺野山 地図 マップ (2017年4月更新)

[タイム(ふうりん)] 
標柱→25分→分岐→5分→西峰→17分→▲津辺野山→17分→分岐→15分→林道入口→30分→展望台→30分→道の駅

【コース状況】
・テープを追っていくコース。GPSをメインに歩くコースではないです。
・「西側の絶景地~西峰」は急斜面。
両方の尾根にテープの付いている分岐があります。(一旦、立ち止まらなくてはいけない)急斜面の所なので分岐を特定しやすいです。ちなみに南西方面に降りるルートは「房総丘陵」で紹介されているバリエーションルート。

津辺野山 地図 マップ
※山頂は巻道からピストンするように案内板がついてました。ここは知らなくても関係ないですけど。(2017年4月更新)

【参考サイト・資料】
◆10年前には「上級者でも道に迷う難コース」だったそうです。現在は(地元有志のおかげで)歩けるコースになってます。新旧で情報が違いますので情報収集する時は注意して下さいm(_ _)m

●房日新聞>ニュース>「津辺野山に95人ハイク 史上最多の参加者に 鋸南」(2012年5月21日)
●鋸南町>「味わいハイキング津辺野山」(2015年2月14日) ※80人以上が参加したようです

●ヤマレコ>津辺野山

▲房総丘陵>津辺野山(解説)
▲房総丘陵>第72図 津野辺山(地図)
※秋葉神社付近と林道口が違います。(上のコース説明参照)

▲津辺野山ハイキングマップ(鋸南町観光協会)
※国土地理院の地形図を利用したパンフレット。「JR安房勝山駅前」「JR保田駅前」観光案内所で入手できます。
※「標柱~分岐」「分岐~西峰」までのルートが現在と違います。看板もテープもありますので問題ないと思いますが。

▲忍足利彦 著「房州低名山&温名湯」 ※2005年3月30日登山
▲新ハイキング選書『房総のやまあるき』 内田栄一・川崎勝丸 著
・内房の山>津辺野山 ※2007年落雷で焼失した田子台遺跡の写真が載っているので取材日は2007年以前?
※上級者向け・難コースと紹介されてます。現在は整備も進み状況が変わってます。

きょなんおさんぽマップ(鋸南町商工会)
きょなんまちハイキングコース~ウォーキングマップ(鋸南町)

【アクセス】
JR安房勝山駅~赤バス(300円)~?バス停

「道の駅富楽里とみやま」
●JR岩井駅





■知ってて安心、タクシーの電話番号♪ ■「安房勝山駅」「津辺野山」は鋸南町。「道の駅富楽里とみやま」「富山(とみさん)」「岩井駅」は南房総市。南房総市ではパンフレットを入手できないかも。


■津辺野山標柱。高さ1.8m。風景に溶け込んでいるので車だと見逃す。


■秋葉神社分岐。ここからピストン。 ■秋葉神社。房総丘陵では戻らず、こちらから上るみたい。


■写真だと凄いけど通れるようになってます ■イノシシでしょうか?


■写真では藪ですがスネにシダが触れる程度(2017年4月) ■日陰なので大藪にはなり難い


■分岐


■西側の絶景地 ■4月なので草が生えてます


■唯一のビューポイント ■実は西峰付近からも見えます


■西峰 ■小屋と車の残骸(2017年4月)


■手前にあるのは三角点 ■津辺野山 山頂


「きょなん 味わいハイキング 津辺野山」のアワビ(2015年4月) ■アワビに上書き...上書きってアリなの?(2017年3月)


■よく整備してある ■本格的な切り口。鋸南町が整備したものでしょうか?


■シャガの小群落。咲いてる時期に来る人はいないかな(2017年4月) ■種が出来ない植物なので人が持ち込んだと言われてます


■ロープを食べた木 ■ロープを食べた木


■ロープを食べた木 ■「千と千尋の神隠し」の「名のある神(おくされさま)」に似ているような(・∀・)ニヤニヤ


■林道口。案内板が復活してました(2017年4月) ■入口はわかり易い


■林道口から200mの所にテーブル&イスがあります。数分ですので、ここで休憩した方がいいです。 ■季節外れもいいですよ


千葉県 津辺野山 | TB(-) | CM(-)