二ツ山



保田 頑固山 二ツ山 みんなみの里 千葉 地図


二ツ山 千葉 地図
※ひらつかハイキングコースAコース(2016年10月更新)

【コースタイム(ふうりん)】
●林道(車道)看板A~2分~展望台
●林道(車道)看板B~2分~展望台
※「房州低名山&温名湯(2005年4月27日取材)」で紹介されているのは別の入口。
●南峰~8分~変則十字路~2分~北峰~1分30秒~金比羅神社
※バリエーションルートは急斜面なので左右に振られることなく真っ直ぐ下りました。ここはgpsログにもよく出てます。
※展望台でマムシの目撃情報があるので春~秋は使い難いルート。


【コース状況】
・千葉県で4番目に高い山。
・山頂は石碑の場所。
・北峰と南峰~二つあるから「二ツ山」。北峰と南峰を繋ぐルートがバリエーションルート。
※展望台でマムシの目撃情報があります。

【アクセス】
JR岩井駅~市営バス~山田中(御殿山登山口)or山田一律200円
※山田中(御殿山登山口)方面は予約制になりました。(乗車30分前迄に電話予約)
※本数が少ないので帰路で使うのは厳しいかも?

JR保田駅~鴨川日東バス・長狭・金谷線(円)~平塚入口バス停ほか
※本数が多い。

●ヤマレコ>バスルート:登山者向けバス検索サイトバスルート - 全国バス停・路線マップ


【参考サイト・資料】
●ヤマレコ > 二ツ山

●YAMAP > 愛宕山・二ツ山・大山千枚田(千葉県南房総市)

[書籍] 新ハイキング選書『房総のやまあるき』
・大山千枚田から二ツ山・嶺岡愛宕山
・嶺岡大塚山

●「房州低名山&温名湯」忍足利彦 著
・嶺岡愛宕山
・二ツ山(2005年4月27日登山)
・馬の背・嶺岡大塚山

●房日新聞>房総分水嶺>久留里から布良まで 房総分水嶺 半島の背骨を歩く>[第31回]二ツ山へ
※2005年~2010年の間に整備されたようですね。

●房日新聞>=連載1=一戦場から下佐久間まで=連載4=一戦場から下佐久間まで

みんなみの里 > あれこれスポット > ひらつか地区ハイキングコースマップ(ひらつか地域活性化協議会)
・Aコース

▲房総丘陵>大山不動尊
▲房総丘陵>第75図 大山(地図)





■西側の入口。丸太階段が付いてます。 ■こちらの方が狭い


■別の入口 ■朽ちてますけど立派な丸太階段が付いてます。鉄塔を建てるときに作った道なのでしょうか?こちらの方が広い。


■自然に帰りつつある階段 ■展望台付近には鉄塔が建ってます


■展望台にいたカエル。カエルがいればヘビもいる? ■奥に展望台が見えます


■展望台。ここは山頂ではないです。帰宅後、GPSログを見て知りました。地図付きGPSなら現地で確認とれたんですけど( ̄▽ ̄;)!!ガーン  ■山に囲まれてるので高度感はないです


■展望台。津森山でも見たスチール製のイス。 ■石碑が山頂と言われてます。GPSでもココが山頂。


■石碑と鉄塔 ■石碑の正面を見て左側が北峰バリエーションルート入口


■金比羅神社。南峰から行くと背中を向いています。 ■立派で管理も行き届いている感じ


ガンコ山



保田 頑固山 二ツ山 みんなみの里 千葉 地図


二ツ山 千葉 地図
※ひらつかハイキングコースAコース(2016年10月更新)

車道から10分でプチ岩尾根体験! 歌手の加藤登紀子さん(71)も登った!

【参考サイト・資料】
●Tokiko World > Tokiko Now(2015年4月27日)

●房総丘陵>大山不動尊(解説)
●房総丘陵>第75図 大山(地図)



ガンコ山

■二ツ山南峰から見たガンコ山 ■見ての通り岩山・痩せ尾根


■木のある所までは怖くない。残り10mが怖い  (((ノ)゚Д゚(ヽ))))ガクブル ■ガンコ山入口。奥に見えるのは畑。地形的にも見つけやすい。もちろんテープも付いてます。


■この辺は怖くない ■ここも怖くない


■最後の岩超えが怖い ■先端部にイノシシの足跡がありました。イノシシは何しに来たんだろう?「上ったら行き止まりだった」なんて単純な理由?


■ガンコ山から見た二ツ山 ■景色はいいけど、怖くて見る余裕がない


二ツ山(旧)

二ツ山 千葉 地図
※700m離れた鉄塔前は「房州低名山&温名湯」で紹介されている駐車スペース。





■鉄塔。道を挟んで反対側には「房州低名山」で紹介されている駐車スペース。 ■林道は一車線の舗装道路。佐川急便のトラックも通ってますが待避所も少なく対向車と出会うと大変。



■【林道ドライブ】嶺岡中央1号林道(嶺岡林道②)・房総半島 Mineoka-Chuo 1

※道路状況を確認できます。自衛隊正門前までは道がいいです。そこから先は道幅が狭く対向車と出会うと大変。