房州アルプス



嵯峨山 地図 マップ 水仙 籠田山 郡界尾根 房州アルプス
この日はタルミ橋から入り石祠を経て房州アルプス入口から地獄覗きまで往復。その後、嵯峨山を経由して下山しました。(2017年4月地図更新)

嵯峨山 地図 マップ 水仙 籠田山 郡界尾根 房州アルプス

南側から地獄覗きまで往復してきました。「無実山」「展望ピーク」は事前に場所を特定できましたが、「露岩のテラス」「地獄覗き」は現地でも特定できず、北側に余分に歩いて特定しました。

【コースタイム(ふうりん)】
●入口~28分(1.6K)~無実山~9分(0.4K)~展望ピーク~7分(0.2K)~露岩のテラス~3分(0.3K)~地獄覗き


■道が5本通ってる特殊な交差点。この林道は特殊な場所が多い。 ■交差点は変則的ですが、大きな看板があるので簡単に見つけられる。


■ロードオブザリングの木の妖精 ■痩せ尾根もあります


■七曲と言うと難所のイメージですけど、ここは距離も短く楽。嵯峨山の七曲の10分の1位でしょうか? ■無実山と三角点


■展望ピーク。東西にロープが垂れています。巻道が本線なので気づかずに通過してしまう可能性があります。 ■展望ピーク。山頂は2畳位。


■展望ピークより


■露岩のテラス。両側に露岩の切割?看板もなく往路で特定できず、復路で特定しました。 ■露岩のテラス。北側から撮影。テントも張れるそうです。


■地獄覗き。看板もなく往路で特定できず、復路で特定しました。 ■地獄覗き。縁の部分が崩壊。


■地獄覗き。山道にバイク(自転車?)のタイヤ痕。 ■地獄覗き。北側から撮影。


三浦三良山(みうらさぶろうやま)



嵯峨山 地図 マップ 水仙 籠田山 郡界尾根 房州アルプス
(2017年4月更新)

【コースタイム(ふうりん)】

●保田見峠(車道)

5分 ※途中まで軽トラックが入れる

●分岐 ← 2分 → ●三浦三良山

10秒

●分岐 ← 2分 → ●大日如来石像

40分(※分県ガイドより)

●梨沢大塚山

30分(※分県ガイドより)

●梨沢橋





■保田見峠。ここも変則的交差点。 ■立派な案内板が付いてます。三浦三良山は坂を上ります。


■大日如来石像への分岐。左に案内板、右にロープ。今は簡単に入口を見つけられます。 ■案内板から来た道を撮影。右奥に見える尾根は三浦三良山の入口。


■三浦三良山の入口には案内板がある ■緩い尾根


■三浦三良山山頂。人工的な小平地。 ■右は三浦三良山。近くまでハンターの車が入ってきてます。


■大日如来石像、大日如来文字塔、馬頭観音文字塔。(房総のやまあるき) ■大日如来石像は小さいです


嵯峨山バリエーションルート



嵯峨山 地図 マップ 水仙 籠田山 郡界尾根 房州アルプス
嵯峨山←バリエーション2(25分)←林道合流十字路←バリエーション1(25分)←入口



バリエーション(1)

嵯峨山 地図 マップ 水仙 籠田山 郡界尾根 房州アルプス


■入り口。車が退避できるよう広くなっている。 ■切割の北側にある水仙畑。ここは管理されている畑。





バリエーション(2)

嵯峨山 地図 マップ 水仙 籠田山 郡界尾根 房州アルプス
・上りは上で絞られるので道なりに行けば嵯峨山へ。
・下りは途中で尾根から降りる場所があります。ここは要注意!

■バリエーションルート(1)(2)と林道接続部分 ■車が退避できるよう広くなっている


■ダイナミック ■ロード・オブ・ザ・リング


■痩せ尾根 ■雨が降るとドロドロで歩けないかも。冬なら大丈夫ですけど(´∀`*)


■急斜面 ■看板の裏から出てくる


市井原(鎌倉街道)



嵯峨山 地図 マップ 水仙 籠田山 郡界尾根 房州アルプス
(2017年4月更新)

【コースタイム(ふうりん)】
●県道34号(長狭街道)~30分~石仏~12分~林道

【コース状況】
・現在は石仏から山道に入るのが公式ルート。ここはパンフレットと違います。
・車道歩きが長い(山道が短い)ので、短時間で通過できます。バスの時刻などで急ぐ時は、この道がいい。




■加圧所 ■分岐の案内板。文字が消えてますw


■石仏の後ろに廃屋。ここはパンフレットと違います。今はこちらが本線。 ■特徴的なお顔。後年、顔だけ修復?


■途中に水仙畑があります。 ■水仙畑の奥が集落でしょうか?


■左側は綺麗になってる ■分岐もあります


■林道口。林道からもハッキリ山道が確認できる。 ■案内板もある


横根



嵯峨山 地図 マップ 水仙 籠田山 郡界尾根 房州アルプス
(2017年4月更新)

【コースタイム(ふうりん)】
タルミ橋~27分~尾根入口~11分~巻道分岐~5分~竹の鞍部~4分~鉄の扉~4分~石祠ピーク~30分~林道口

【タイム(分県ガイド)】
タルミ橋~20分~尾根入口~20分~石祠ピーク~35分~林道口


嵯峨山 地図 マップ 水仙 籠田山 郡界尾根 房州アルプス
※巻道付近で迷うことが多いみたい
※下の水仙の谷が「房州低名山&温名湯(保田見峠)」で「鋸南町に水仙の名所数あれど、ここはトップ級だろう」と絶賛されている場所。

【参考サイト・資料】
●無印良品 > 狩猟エコツアー/千葉県安房郡鋸南町
※巻き道から下は「狩猟エコツアー」のコースだと思います。




■タルミ橋バス停 ■狩猟エコツアー (。´・(ェ)・) イノシシと間違えられたらどうしよう...。


■ジブリ風の場所!道の両側は切れ落ち谷になっている。水仙の谷のナウシカ? ■ここが「房州低名山&温名湯(保田見峠)」で「鋸南町に水仙の名所数あれど、ここはトップ級だろう」と絶賛されている場所。


■景色もいい ■お弁当も美味い


■中央の尾根が入口 ■夏は草が煩いかも


■赤外線センサーカメラ ■汚れじゃなくて迷彩なんですね


■竹の鞍部。左が巻道。 ■水仙畑に出ます。


■奥に歩道が見えます。地図を見ると集落のすぐ上。もちろんハイカーは通れませんが。 ■鉄の門扉に突き当たったら直登して尾根に乗ります。門扉の奥にも道があるので注意。


■石祠のピーク。昔は展望が良かったのかもしれませんが、今は木々が生い茂り眺望はそれ程ない。 ■倒壊した石祠


■痩せ尾根 ■分岐はあるけど上へ上へ!


■出口。倒木付近に刺のあるツル植物があります。ここは安易に突っ込むと危険なので慎重に通過した方がいいです。 ■道路側から撮影。左の藪から出てきました。


籠田山



嵯峨山 地図 マップ 水仙 籠田山 郡界尾根 房州アルプス
(2017年4月更新)

小鋸山 嵯峨山 地図 マップ 水仙 籠田山 郡界尾根 房州アルプス

嵯峨山の帰りに寄りましたが、こんなに難しい山とは思いませんでした。変則十字路で籠田山への道を見つけるのに20分。安岡神社への下山道が見つからず情報のない東電巡視路(ピンクのルート)で下山・(>_<;)・

【コース状況】
◆多重トラップ?
・籠田山へのルート(尾根)が椎茸の原木の裏に隠れてる。
・籠田山へのルート(尾根)が急斜面過ぎる。
・国調図根三角点付近に案内板が落ちている。
・国調図根三角点付近に安岡神社への下山道がない。ここは地図が間違ってる。←後日、安岡神社から上って確認しました。


◆その他
・「国調図根三角点⇔籠田山」は、地図とは違い急なアップダウン。ロープがないので尻で滑って降りる所もありました。
・全体的に等高線が狭いエリア。

【コースタイム(ふうりん)】
●嵯峨山の小鋸山入口看板~42分~変則十字路
●国調図根三角点~21分~籠田山
変則十字路~21分~東側車道  ←リピーターでないと廃屋横の入口を見つけられない。
●安岡神社鳥居前~41分~変則十字路





■菱形の石碑 ■石祠


■鉄柵 ■地すべり標柱


■変則十字路前。2016年2月、木が伐採されてました。椎茸の原木にするのかな? ■猟犬。地図読み中に振り返ったら足元にいてビックリ...でも、大人しくて可愛かった(´∀`*)ウフフ 


■変則十字路。北側から撮影。国土地理院の地図には安岡神社への道がありません(;^_^A アセアセ・・・
小鋸山 嵯峨山 地図 マップ 水仙 籠田山 郡界尾根 房州アルプス




国調図根三角点 ⇔ 籠田山

■国調図根三角点 ■国調図根三角点


■椎茸の原木 ■近くに落ちていた案内板。抜けてる?


■籠田山の尾根。急斜面過ぎる。 ■房総には珍しい感じ


■こぶの上り下りが非常に面白い ■やせ尾根


■山頂 ■アワビ





変則十字路 ⇔ 下山(バリエーション)

■ここは急斜面。普段だったら降りない斜度。ただ下に人工物と小平地が見えるので、今回は降ります。 ■急斜面を降りると東電鉄塔。安岡神社の東電鉄塔とは違うので注意。


■鉄塔脇に階段(ステップ)が・・・・下を見ると鬱蒼としている。下山できるのか? ■階段急降下後、山腹を巻くように山道を歩くと廃屋横の休耕地に出ました。


■廃屋から下までは舗装道路が続いてます





安岡神社 ⇔ 変則十字路

■安岡神社鳥居前 ■廃屋


■東電鉄塔 ■ハンターが「鉄塔の位置を確認しながら歩いてる」って言ってました。


■炭焼窯跡?非常に小さな物ですが人工物なので見つけやすい。 ■修復しても動物に破壊されそうですね。ジブリ風で味のある物なんですけど(。´・(ェ)・)


嵯峨山周辺



嵯峨山 地図 マップ 水仙 籠田山 郡界尾根 房州アルプス ※こちらは観光案内所で頂いた地図を自分用にアレンジしたもの。
※ルートは一部です。長狭街道から籠田山へ登るルートなども抜けてます。(2017年4月更新)

【アクセス】
JR保田駅~青バス(300円)~○○バス停
※5区間以上=300円

長狭・金谷線時刻表 (鴨川日東バス)
・保田中央→(210円)→小保田
・保田中央→(310円)→湯沢
・保田中央→(500円)→山中
※「平塚入口バス停」まで500円
※嵯峨山(小保田バス停)は日東バスの方が安い。座れる確立も高い。

●ヤマレコ>バスルート:登山者向けバス検索サイトバスルート - 全国バス停・路線マップ
※簡単にバスルートを検索できます。

【参考サイト・資料】
●ヤマレコ>嵯峨山
●ヤマレコ>籠田山
●ヤマレコ>三浦三良山
●ヤマレコ>房州アルプス(無実山)
●ヤマレコ>小鋸山

●房総丘陵>第64図 籠田山(地図)
●房総丘陵>嵯峨山②③(解説)
●房総丘陵>第65図 嵯峨山(地図)
●房総丘陵>山中もみじロード(解説)
●房総丘陵>第66図 山中(地図)

●[書籍] 新ハイキング選書『房総のやまあるき』  内田栄一・川崎勝丸 著
・内房の山>籠田山から嵯峨山
・房総の峠道>保田見峠から嵯峨山
・房総の峠道>横根峠古道から嵯峨山
・房総の峠道>梨沢大塚山から三浦三良山

新・分県登山ガイド(改定新版)「千葉県の山」(2015年2月15日発行)
・(30)房州アルプス
・(31)三浦三良山
・(32)嵯峨山・スイセンピーク

●「房州低名山&温名湯」忍足利彦 著
・保田見峠 芳しき上級者コース
・嵯峨山・スイセンピーク スイセン香る並ぶ2峰

●房日新聞>房州古道を往く(23) 滝から三浦三郎山へ




江月コース&頼朝コース



江月コース 池月コース 頼朝コース 地図 マップ 水仙ロード
(2016年1月3日)

■2017年1月13日(金) テレビ東京「春を先取り!鋸南町水仙ロードさんぽ(菊池麻衣子 )」15時55分~16時54分
http://www.tv-tokyo.co.jp/l4you/

■2017年1月13日(金) BS11「人情ふれあい いいなぁ日本~千葉県鋸南町(峰竜太)」20時00分~20時54分
http://www.bs11.jp/education/post-77/


水仙ハイキング特集(千葉県)
鋸南町フェイスブック(開花状況の最新写真あり)

※江月水仙ロードと江月山は違います。江月水仙ロードは車道。江月山は水仙ロードの南側の山。

頼朝&池月コース
◆タンク横入口→25分→三角点→21分→合流点→27分→出口
※(道迷いもあり)ログも時間も綺麗に取れてません(;´д`)トホホ…
※今回、下山で使いましたがテープを何度か見失いました。(探せば見つかるので)上りで付けられたテープかも?

●入口

1000m(25分) ←水仙畑を見ながら小さなアップダウン。等高線通りの緩い山道。

●三角点 → 400m(14分) → ●馬つなぎ石口 → 150m(3分) → ●馬つなぎ石

250m(4分)

●山の神石祠

500m(10分)

●図根三角点

400m(7分)

●合流点→400m(13分)→●見晴台→500m(15分)→●展望台→100m(3分)→●分岐→50m(2分)→●見晴台口

700m(12分)

●椎の巨木

300m(8分)

●急斜面虎ロープ上
※尾根でテープ消失。ここは虎ロープで尾根の下(谷)に降ります。

40m(3分)

●虎ロープ下
※テープが見つからず、ルートを見つけるのに15分かかりました (;^_^A アセアセ・・・
※∪字溝のような谷を水平に横断するのが正解。∪字溝の谷は山道ではない。

80m(3分)

●上に山頂広場 コンクリート壁が見える ←左に迂回すると出口アリ
↓※斜面に上るロープが垂れてるけど出口とは無関係。

40m(1分)

●道路(車道)
※出口は標高70m地点。ここもちょっと想定外。





■いぼ神様 ■池月コース入口。タンクのある舗装路なので分かり易い。


■水仙ロードから外れてますけど、ここまで観光客が入ってきてます。 ■水仙。まだまだこれから。


■罠設置の看板。観光客はここでUターン! ■水仙畑


■虎ロープ。水仙畑との境界用。ここはまだ農道です。 ■テープ


■ここもまだ農道。先に水仙畑があります。 ■池月山(江月山)到着。三角点と案内板があります。


■「池月」が訛って「江月」になったとか ■検索キーワード的には「江月」の方がいいのかな?


■頼朝コースを行きます ■山の神石祠が見えてきました


■山の神石祠 ■これは人気が出そう(*´∀`*)ノ。+゚ *。


■木が整列してる ■図根三角点


■合流地点 ■立派な案内板


■立派な案内板 ■こちらが「森の主・椎の巨木」かな?


■ピークに突き当たってテープ消失。探すと尾根下に虎ロープ発見。 ■虎ロープ下でテープ消失。このU字溝が山道なのか?谷なのか?ここで15分間一人検討会(`;ω;´)


■虎ロープ下。ここはU字溝の斜面を水平に横断するのが正解。 ■出入口の案内板


■車道の案内板 ■小さいけど簡単に見つけられると思います。


■車道を上ると本格的な水洗トイレが....(´・ω・`)? ■展望台。反対側から。余蔵山に似てます。鉄塔跡地でしょうか?


■堆積した土砂をブルドーザーで処分した痕かな? ■こんな展望台があったとは・・・知らなかった(;^_^A アセアセ


■こんな道を下って ■舗装はされてないけど


■ばんや」の臨時駐車場の所ですか ■国道に出てきました。脇には吉浜バス停


千葉県 江月山 | TB(-) | CM(-)