江月コース&頼朝コース

江月コース 池月コース 頼朝コース 地図 マップ 水仙ロード
※案内板がない所については名前も場所も推定です。
※まむしは「まむしエリア」以外にも出るそうです。草むらに入らない方がいいとのことでした。
(2016年2月14日更新)

頼朝&池月コース
8の字コースで歩いてきました。今回は、「三角点→馬つなぎ石」「合流点→見晴台口」を紹介。

◆ばんや前県道→4時間10分→ばんや前県道

●三角点 → 400m(14分) → ●馬つなぎ石口 → 150m(3分) → ●馬つなぎ石
●合流点→400m(13分)→●見晴台→500m(15分)→●展望台ベンチ→100m(3分)→●分岐→50m(2分)→●見晴台口



馬つなぎ石口
(民家の庭を通るので)入口が難しい。リピーターでないと、こちらからは入れない。

■馬つなぎ石口 ■まむし注意。ココ以外でも草むらに入らない方がいいと言われました。


■畑に出てきます。この畑がマムシ出没区間? ■進入禁止に見えるけど倒れた電柱(;^_^A アセアセ・・・


■馬つなぎ石から入る場合 ■左折後、庭を通る形になる





見晴台コース
※笹薮の中に倒木などがあります。笹薮漕ぎは慎重に!”

江月コース 池月コース 頼朝コース 地図 マップ 水仙ロード


■おそらくココが見晴台。ここから笹薮漕ぎ地帯。 ■見晴台からの眺め


■笹薮の中にこんな倒木が隠れてます。しかもスネの高さ。こんなのスネで蹴飛ばしたら大怪我しちゃいます(*>□<*) ここはストックで笹薮をめくって慎重に通りましょう! ■笹薮の中に切株と杭。つま先で蹴っ飛ばしたり踏んだり、これもヤバいです!


■笹薮の中に石杭。短い区間なんですけど、色々トラップがあります。 ■笹薮の中に刺のある植物。今は道から離れてますけど、手を伸ばせば届く距離。


■展望台。木の後ろに下山道があります。出口がわからなくて捜しちゃいました。 ■展望台からは石柱の簡易階段やロープ手摺りなども出てきます。ロープ手摺りの下まで行くと北口に出てしまいます。ロープ手摺りの途中で左折するのが正解!


■ロープ手摺りの下まで降りると北側の畑に出ます ■出口には案内板はなし


■ロープ手摺りの途中で左折すると南側の散策路に出てきます。こちらには入口案内板。 ■散策路を歩きます。丸太は腐っているので注意。踏み抜くと大惨事です。


■散策路入口 ■散策路の説明


■洗濯ロープの所に出てきます。前回来たときは、洗濯物を干している最中だったので、入口調査はせずに帰宅。 ■駐車場にいるヤギの親子。


千葉県 江月山 | TB(-) | CM(-)

権現山 デーデッポの足跡 鹿嶺



保田 権現山 浅間山 鹿嶺 ハイキング 地図 マップ デーデッポ ダイダラボッチ だいだら法師
2016年3月4日更新

鋸南自然の家からスタートした方が歩き易いです。信福寺からスタートすると難しいかも。

[タイム(ふうりん)] 
(休憩込み) 保田駅~3時間40分~道の駅保田小学校
(休憩込み) 屋外ステージ~2時間10分~信福寺~20分~長狭街道

[タイム(岳人)] 
保田駅~2時間49分~保田駅

[タイム(房総のやまあるき)] 
保田駅~2時間35分~長狭街道


【参考サイト・資料】
●ヤマレコ>鹿嶺(しがみね)

●房総丘陵>江月水仙ロード(解説)
●房総丘陵>第71図 大黒山(地図)
●房総丘陵>第72図 津野辺山(地図)

●[書籍] 新ハイキング選書『房総のやまあるき』 内田 栄一・川崎勝丸 著
・内房の山>保田浅間山から鹿嶺

鋸南自然の家

●たてやまフィールドミュージアム>観音霊場34か所めぐり>その3 長狭街道丸郡コース 9番 信福寺{しんぷくじ}





■JR保田駅陸橋より。今回は駅前の山へハイキング♪ ■俯瞰図


■権現山入り口 ■街灯はないので夜間立ち入り禁止


■展望台 ■狭いので観光バスで押しかけるような場所ではないですね(・・;)


■鋸山にも劣らない眺望 ■江月で水仙鑑賞したあと立ち寄ってみてはいかがでしょう?


■けっこう険しい ■自然の家。右側から裏へ回り込みます。


■ここから裏口へ回り込みます ■屋外ステージ


■屋外ステージ最上段中央に開閉式の扉があります ■露岩風のコンクリ階段。下の方は土が積もり滑りやすい。


■上のほうは歩きやすい ■分岐の祠


■浅間神社と三角点。陸軍の石杭は見逃しました。残念(>.<``) ■笹薮の藪漕ぎ地帯。踏み跡はあるけど少し距離が長い。踏み跡が消えると大変。


■のど ■のど。デーデッポの足跡もヌタ場なので写真だと見分けがつかない。


■看板後ろの裏斜面に水仙の群落があります。 ■この群落を水仙ピークと言っているようです。小さな群落なので水仙目的で行くと拍子抜け?


■デーデッポの足跡 ■お馴染みのアワビ


■鉈目 ■ぬた場。米を作るには狭すぎる。ドブロクの貯蔵場所かな?


■倒木で進入禁止のマーキング。ここは他にも多数マーキングがありました。 ■よく見かける看板。どういう分岐か行くまで謎でした。


■鹿峰。味わいハイキングのコースだったんですね。※味わいハイキングはガイド付き保険加入ですから、JRの駅前ハイキングとは違います。 ■防空壕跡でしょうか?


■モノレールとリフトの場所に出ます ■反対から撮影。ここが一番危ないかも。足場も悪くネットに掴らないと通過できない。リフトを潜るので上にも神経を使う。


■信福寺の横に出てきます ■信福寺


■子宝地蔵? ■町指定文化財「板石塔婆」


■階段を使わなくても車道で迂回できるようになってます ■手水石


■信福寺下の水仙ロード ■ジブリ風~ここは穴場!


■水仙 ■水仙


■保田川沿いの「さくら路」は観光コースにもなってます。嵯峨山→さくら路→保田駅と、バスを使わず歩くハイカーも多い。 ■鶴ヶ八幡神社


■桜 ■蕾


■2014年に廃校となった保田小学校が、2015年12月に「道の駅 保田小学校」として生まれ変わりました。 ■鉄筋校舎に舗装された校庭。小学校というイメージではないですね?今後に期待!


■梅でしょうか? ■和を演出!