サイトマップ


こちらのサイトマップから直接記事に飛べますm(_ _)m

TOP サイトマップ | TB(-) | CM(-)

広域MAP  千葉県南部

房州低名山 地図 ハイキング 南房総 map
※バス路線は一部です。実際は路線が繋がっている場所もあります。高速バスも抜けてます。詳細は以下のサイトで確認して下さい。(2017年4月20日地図更新)

【参考サイト・資料】
●ヤマレコ>バスルート:登山者向けバス検索サイトバスルート - 全国バス停・路線マップ


TOP 広域MAP | TB(-) | CM(-)

横根峠古道




・横根峠で150m、出口で180m。巻道もついてるので歩き易い。
・横根峠スタートの方がルートファインディングし易い。
・倒木地帯は迂回できます。テープも付いてますので冷静に対応すれば大丈夫。
※巻道を使った人と使わなかった人でレポートが異なります。情報収集する時は巻道に注目するといいですよ。

【コースタイム(ふうりん)】
●長狭街道こぶし看板前~13分~「不動明王碑」手前Y字路~25分~「大日如来」手前Y字路~24分~舗装路
※メモを取りながら歩いているので時間は参考にしない方がいいです。

【アクセス】
●日東バス
・保田中央バス停→310円→湯沢バス停
・保田中央バス停→500円→山中バス停
※「平塚入口バス停」まで500円
※入山口は「湯沢バス停」と「山中バス停」の中間。「湯沢バス停」で降りた方がお得!

●青バス
・保田駅→300円→湯沢バス停


横根峠古道入口


・空地から民家の裏の山道が見えます。山道を進めば入口のテープまで一直線。
※地図のPはお店の駐車場。ハイカーは使えません。



■「こぶし」の看板からスタート


■空地を横切っていきます ■民家の裏に回り込む


■裏に道がありました ■この道を進む



横根峠古道

■入口にテープ ■はっきりした道がついてます。奥に休耕田があるので農作業で使ってた道ですね。


■分岐もあります ■大日大聖不動明王碑


■大日如来&馬頭観音の分岐。30m先のコブの上にあります。右の道を進んでUターンしてコブに乗ります。 ■事前に知らないと絶対見つけられない


■倒木。ここは潜って通過。 ■倒木地帯。ここは下に迂回できるようになってます。


■すぐに轍のある鞍部に出てきました ■舗装路に出てきました。舗装路で下山するもよし。先に進むもよし。


■出口。舗装路側から撮影。 ■こちらからはGPSがないと難しい


秋葉山




※お気楽散歩コースですが西側は谷を挟んで花婿コース。山深いのでGPSがないと危険です。


秋葉山(224m)  十字路(170m)  民家(80m)

【コース状況】
・十字路から石燈篭に向かうのが公式ルート。ここは道悪に見えたので北側から上りました。北側からは上を目指せば石燈篭。しかし下山では全くルートが見えません。この区間は下山用のテープを垂らしながら上りました。
※十字路から上ったハイカーが迷うといけないので下山用テープは回収済。
・テープは歩けるほど付いてません。また、別の山に行くテープだったり藪で行き止まりだったり...テープに期待できません。

【コースタイム(ふうりん)】
●江見駅~36分(3Km)~入口
●入口~8分(400m)~民家~10分(500m)~ゴミ置場分岐~6分(150m)~十字路~4分(130m)~U字状の谷道入口~10分(120m)~石燈篭~5分(150m)~秋葉山
※1時間26分
※「U字状の谷道入口~石燈篭」はテープを付けながら歩いてます。

【アクセス】
●江見駅
●駐車場なし。高鶴山の畑地区から徒歩?

【参考サイト・資料】
●房総丘陵>烏場山 ⑰秋葉山 (解説)
●房総丘陵>第96図 烏場山(地図)


奥谷地区、最奥の民家

■なまこ壁の蔵があるので最奥民家を特定し易い ■石仏の所から山に入る


■入口にテープ



民家~十字路

■道はいいです ■(ネット情報によると)新しく重機で造成されたとか


■ゴミ置場 ■ペンキの矢印


■十字路 ■十字路の案内板(7×4cm位)



十字路~秋葉山
※一般的には十字路から直接石燈篭を目指しますが、道が薄いので北側から尾根に乗りました。

■倒木地帯を通って北側へ移動 ■倒木は処理してあるので歩行に支障はない


■尾根に乗ると石燈篭が一対 ■人が入ってるので藪ではないです


■修復跡がありますね ■石灯籠


■ペンキ ■立派


■秋葉山 ■進入禁止


■昭和五十九年三月二十日


千葉県 高鶴山 岩郷山 | TB(-) | CM(-)

鴨川富士 長狭富士




【打墨浅間様=鴨川富士西峰】 【花房浅間様=鴨川富士】 【第二展望台=五本松】

鴨川富士 長狭富士 地図
「ガイドブック(房総のやまるき)」では「(西)打墨」「(北)立岩観音堂」「(南)大日」ルートが紹介されてます。その後「(東)花房」ルートが整備され、「打墨⇔花房」が鴨川公式コース

鴨川富士 長狭富士 地図

ジブリ風の巨木、古代遺跡を思わせる祠、ロープを使う急斜面、3箇所のビューポイント!

【コースタイム(ふうりん)】
●打墨口←3分←地蔵←1分←民家の庭←3分←コンクリ水槽←7分←浅間神社跡←4分←西峰←10分←鴨川富士←5分←五本松←22分←花房口
・打墨口←55分←花房口
・打墨口←77分(休憩込)←花房口
・大日交差点から反時計回りで95分(休憩込)

【コース状況】
・ロープを使う急斜面もあるのでハイキングシューズ・軍手・杖で登った方がいいです。
・夏は西峰付近が藪漕ぎになりそう
・打墨口は民家の庭を通るので間違いやすい。花房→打墨と歩くのが順路。
・鴨川富士から鴨川市内を撮影すると逆光になる。

【駐車場】
かもがわナビ > 打墨側登山口の「石渡製菓 菜の花庵」さん
※御好意により車を駐車できます。トイレも利用できます。

プー子の毎日富士山 全国郷土富士の旅 > 鴨川富士(かもがわふじ、208.7 m)
※菜の花庵さんは道の整備もされてるそうです。有難うございますm(__)m

【参考サイト・資料】
●ヤマレコ>鴨川富士(かもがわふじ)

●房日新聞>人気急上昇の長狭富士 地元有志らが手入れ 鴨川(2010年4月30日)
●房日新聞>鹿野岡山に城館跡 土塁・曲輪・堀切などを新発見(2017年2月18日)
※案内板の新設などを行い市民への周知と保存普及に努めるそうです

●房総丘陵>長狭富士(解説)
●房総丘陵>第38図 長狭富士(地図)
※現在はロープで封鎖されたり少し状況が違います。

●新ハイキング選書『房総のやまあるき』 内田栄一・川崎勝丸 著
・外房の山>鴨川富士と男金山
・外房の山>名所塚から鴨川富士
※現在の公式ルートと違います。


県道181号から花房口

■立派な案内板があります ■県道181号


■花房口の案内板(平成26年=2014年) ■大きいので見逃すことはない



五本松(ビューポイント)

■東側は急斜面なので西側から登ります。西側の入口に案内板があります。


■167.6 m ■西側からは登り易い





山頂(ビューポイント)

■スダジイの巨木 (」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ ■2017年2月、鹿野岡城が発見されました!


■スダジイの裏に、三角点、石祠、石碑などがあります ■反対側から


■晴れれば富士山も見えます



西峰(ビューポイント)

■ロープの急斜面も出てきます ■痩せ尾根。ちょっと嵯峨山に似てますね。


■西峰直下~巻道の所 ■ミステリーサークルのような踏まれよう。夏は厳しいか?


■西峰。ヤマモモの巨木、手水石、石祠。


■晴れだと逆光



浅間神社跡

■手水石もあります ■小平地に屋根瓦が散乱してます


■浅間神社跡から下は参道。でも全部が全部ハッキリしてるわけではない。 ■コンクリートの水槽


■民家の裏に出てきます ■民家の庭を横切ります。関係者が通行許可を取ってるみたいですよ。


■入山する時は、こんなラインで入ります。これはわからない。 ■地蔵と案内板





打墨登山口案内板

■ネットで見かける案内板


千葉県 鴨川富士 | TB(-) | CM(-)

鋸山の洞窟に住むジャガーさんとは!?


※チバテレビ、テレビ神奈川、テレビ埼玉の放送枠を買い取り『ハロー・ジャガー』を毎週放映(wikiより)

ファイト!ファイト!ちば! 歌詞 鋸山 ジャガー
安房郡市商工会のマスコット「なんぼーくん」 と 南房総市のイメージキャラクター「みなたん」


ジャガーさんが爆風スランプの「Runner」に参加した時の映像w

【参考】
●動画 – ワールド・ワイド・ウェブログ > 花の社長はヘビメタロッカー・実業家 村上牧彦
ジャガー (ローカルタレント) - Wikipedia
“千葉の英雄”が毎日拝める!新番組「おやすみジャガー天気予報」良い夢見られるか!?(ちばとぴ!チャンネル)

千葉県 鋸山 | TB(-) | CM(-)